東京ミッドタウン・デザインハブ 第17回企画展
日本のグラフィックデザイン2009 GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2009

約2,600名のプロフェッショナルからなる、アジア最大のデザイン団体・日本グラフィックデザイナー協会が、1981年より発行している年鑑『GRAPHIC DESIGN IN JAPAN』。毎年、厳正な選考の末、自信を持って推薦する作品群を豊富な図版で紹介しています。 今夏の2009年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、広告、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界に誇る日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。 また、国際的に活躍し、今年1月に急逝した福田繁雄JAGDA前会長の足跡を振り返る展示もあわせて行います。

日時:
2009年6月5日(金)〜7月30日(木)11:00-19:00(会期中無休)
入場料:
無料
展示作品:
約300点
主催:
東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:
社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
協力:
大洋印刷株式会社、東京リスマチック株式会社、株式会社ナナオ、株式会社フレームマン
問合せ:
社団法人日本グラフィックデザイナー協会/JAGDA(担当:諫山)
TEL.03-5770-7509 FAX.03-3479-7509 hub@jagda.org

 

トークショー

(1)2009年6月19日(金)19:00-20:30
松永真([株]松永真デザイン事務所)/柿木原政広([株]10)
(2)2009年6月26日(金)19:00-20:30
福島治([有]福島デザイン)/居山浩二([株]イヤマデザイン)/岡室健([株]HAKUHODO DESIGN)/色部義昭([株]日本デザインセンター)
(3)2009年7月9日(木)19:00-20:30
葛西 薫([株]サン・アド)/水野 学([株]good design company)
(4)2009年7月17日(金)19:00-20:30
佐藤可士和([株]サムライ)/植原亮輔([株]ドラフト)

 

進行:
松下 計(『GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2009』編集長)
会場:
東京ミッドタウン・デザインハブ インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
参加費:
各回1,000円(JAGDA会員・フレンドメンバーは無料)/先着80名
申込方法:
※ 定員に達しましたため、受付を終了いたしました
問合せ:
JAGDA事務局(担当:諫山)TEL.03-5770-7509

 

年鑑『GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2009』

体裁:
A4判/布製ハードカバー/ケース付/総500頁(カラー360頁)予定
カテゴリー:
亀倉雄策賞JAGDA賞新人賞/ポスター/ジェネラルグラフィック/CI・VI・シンボル・ロゴ・タイプフェイス/ブック・エディトリアル/パッケージ/新聞広告・雑誌広告/インタラクティブデザイン・モーショングラフィック/環境・空間
編集長:
松下 計
ブックデザイン:柿木原政広
発行:2009年夏、全国書店にて一斉発売(発売元:六耀社