東京ミッドタウン・デザインハブ特別展
第9回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2009選抜東京展

3年毎に開催される国際公募展「世界ポスタートリエンナーレトヤマ」。今回は世界49の国・地域より出品された4,516点から409点が入選。東京巡回展では受賞作等100点を展示いたします。

富山県立近代美術館が主催する「世界ポスタートリエンナーレトヤマ」(IPT)は、3年毎に実施され、世界から最新のポスターが寄せられる国際公募展です。今回は世界49の国・地域から4,516点の作品が集まり、A部門(既に印刷発表されたもの)262点、B部門(未発表オリジナル制作)147点の計409点が入選。さらに入選作品から、最高賞となるグランプリをはじめ、金賞、銀賞、銅賞、亀倉雄策国際賞の各賞が決定。東京巡回展では、受賞作品をはじめ、ノミネート作品などの入選作品に、審査員作品を含めた選抜作品100点を紹介します。ポスターは、時代を映す鏡と言われます。世界各国のポスターの現況に触れていただき、その優れたデザイン性のみならず、世界の多彩で個性豊かなイメージや独創的なアイデア、そしてポスターに込められた、現代へのメッセージを感じていただければ幸いです。

会期:2010年2月26日(金)~3月14(日)11:00~19:00
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:文化庁、「世界ポスタートリエンナーレ」巡回展実行委員会、富山県立近代美術館、(財)富山県文化振興財団
共催:東京ミッドタウン・デザインハブ