東京ミッドタウン・デザインハブ第28回企画展
日本のグラフィックデザイン2011

東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、社団法人日本グラフィックデザイナー協会、九州大学・芸術工学東京サイト)では、第28回企画展となる「日本のグラフィックデザイン2011」を、2011年6月10日(金)より開催いたします。

アジア最大級のデザイン団体・日本グラフィックデザイナー協会が毎年発行しているデザイン年鑑『Graphic Design In Japan』。6月の2011年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。ポスター、広告にはじまり、シンボル・ロゴや書籍、身近な商品パッケージから、店舗や施設などの空間構成、ウェブサイトなどのインタラクティブメディアまで、世界に誇る日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

企画概要
名 称:
東京ミッドタウン・デザインハブ第28回企画展
「日本のグラフィックデザイン2011」
英文名称:
Tokyo Midtown Design Hub 28th Exhibition:
Graphic Design in Japan 2011
会 期:
2011年6月10日(金)〜7月18日(月祝) 11:00-19:00 会期中無休
会 場:
東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
入場料:
無料
主 催:
東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:
社団法人日本グラフィックデザイナー協会

関連イベント
○「JAGDA賞2011」「JAGDA新人賞2011」授賞式
JAGDA通常総会(関係者のみ)の開催に合わせて開催されるパーティー(一般公開)において、授賞式を実施いたします。

日 時:
6月11日(土)18:00-20:00
会 場:
Tokyo Midtown Design Hub 28th Exhibition:
Graphic Design in Japan 2011
会 期:
東京ミッドタウン・カンファレンス Room7(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー4F)
申込み:
終了いたしました。
○「JAGDA賞2011」受賞者によるトークショー(全2回)
年鑑『Graphic Design in Japan』出品作品の中から、各カテゴリーの高得票作品に授与される「JAGDA賞」。各受賞作品を手がけたデザイナーを迎え、ポスターや空間、パッケージや雑貨など、様々なプロジェクトにおける制作の背景に迫ります。

日時・ゲスト:
6月13日(月) 19:00-20:30
佐藤 卓([株]佐藤卓デザイン事務所/進行)、渡邉良重([株]ドラフト)、鎌田順也([有]レバン)6月23日(木) 19:00-20:30
廣村正彰(廣村デザイン事務所/進行)、服部一成([有]服部一成)、北川一成(グラフ[株])
会 場:
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター ( 東京ミッドタウン・デザインハブ内)
参加費:
各回1,000円(JAGDA会員・フレンドメンバーは無料)/定員80名
申込み:
セミナー詳細

お問い合わせ
社団法人日本グラフィックデザイナー協会/JAGDA[広報担当:工藤・朴]
Tel. 03-5770-7509 Fax. 03-3479-7509 pr@jagda.org

年鑑『Graphic Design In Japan 2011』
日本の多種多様で質の高いグラフィックデザインの成果を国内外に紹介する書籍として、1981年創刊。
プロとして活躍する会員の、過去1年間の優れた仕事・作品を選考・掲載しています。選考委員による各カテゴリー選考評も収録し、この1年のデザインの潮流を考察できる1冊です。

体 裁:
A4判(天地297mm×210mm)
ハードカバー/ケース入/総472頁(カラー360頁)予定
編集長:
佐藤 卓
ブックデザイン:
近藤一弥
編集・発行:
社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
発 売:
株式会社六耀社/2011年6月予定
価 格:
15,750円(税込)
掲載内容:
JAGDA賞/JAGDA新人賞/ポスター/ジェネラルグラフィック/CI・VI・シンボル・ロゴ・タイプフェイス/ブック・エディトリアル/新聞広告・雑誌広告/パッケージ/インタラクティブデザイン・モーショングラフィック/環境・空間