東京ミッドタウン・デザインハブ第79回企画展
グッドデザイン・ファイナリスト2018 – これからの起点となるデザイン –

東京ミッドタウン・デザインハブでは、第79回企画展となる「グッドデザイン・ファイナリスト2018 – これからの起点となるデザイン –」を開催いたします。

毎年、世界中のあらゆるデザインが集まるグッドデザイン賞。2018年度も4,789件の応募があり、1,353件が受賞しました。大賞とその候補であるファイナリストに輝いた6つのデザインには、その独自性、審美性、提案性、完成度に加えて、私たちのこれからの暮らしをより良いものに導く起点となる力がありました。ファイナリストが描いた未来、そのまなざしの先にあるものを受賞者のインタビューを混じえてご紹介します。会場デザインは、ファイナリストのHAGI STUDIOが手がけます。

●企画概要
名称:東京ミッドタウン・デザインハブ第79回企画展「グッドデザイン・ファイナリスト2018 – これからの起点となるデザイン –」
会期:2019年4月3日(水)~5月8日(水)11:00–19:00
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益財団法人日本デザイン振興会
会場デザイン:HAGI STUDIO
グラフィックデザイン:ROWBOAT
映像:馮 意欣
ライター:土田貴宏 / 小川彩
施工:HIGURE17-15 cas contemporary art studio

<グッドデザイン・ファイナリスト 2018>

・貧困問題解決に向けてのお寺の活動[おてらおやつクラブ](2018年度グッドデザイン大賞)

エンタテインメントロボット[aibo](2018年度グッドデザイン金賞/ファイナリスト)

Gogoro Energy Network + Gogoro Smartscooter (2018年度グッドデザイン金賞/ファイナリスト)

ポータブルX線撮影装置[FUJIFILM CALNEO Xair](2018年度グッドデザイン金賞/ファイナリスト)

宿泊施設[hanare](2018年度グッドデザイン金賞/ファイナリスト)

駅前広場と道路空間からなる景観[丸の内駅前広場から行幸通りに繋がる景観] (2018年度グッドデザイン金賞/ファイナリスト)

 

 

●関連イベント
審査の視点セミナー

2019年度グッドデザイン賞審査開始を前に、審査委員が考えるデザインの可能性、これからのデザインに期待することなどを、分野別にお話しいただきます。
会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
4月19日(金)16:00-17:30[プロダクト分野]
4月26日(金)14:00-15:30[サービス・取り組み・活動分野]
5月 8日(水)16:00-17:30[建築分野]

詳細・お申し込みはこちら