東京ミッドタウン・デザインハブ第97回企画展
日本のグラフィックデザイン2022

会員約3,000人を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)は、1981年より毎年、過去1年間のJAGDA会員の優れた仕事や作品をまとめた年鑑『Graphic Design in Japan』を発行しています。
本展では、2022年版の掲載作品から約300点を、実物とモニタで展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

 


メインヴィジュアル:上西祐理

会期:2022年6月30日(木)~8月11日(木・祝)11:00‒19:00
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイン協会

 

●年鑑『Graphic Design In Japan 2022』
厳正な選考を通過した約600作品(1,500図版)を掲載。世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を伝えつつ、データベース性も持たせた、実用性の高いデザイン年鑑です。

収録内容:[カテゴリー]ポスター/ジェネラルグラフィック/CI・VI・シンボルロゴ・タイプフェイス/ブック・エディトリアル/パッケージ/新聞広告・雑誌広告/環境・空間/デジタルメディア/映像/複合
編集・制作:JAGDA年鑑委員会
編集長:柿木原政広
ブックデザイン:上西祐理

発行:公益社団法人日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)
発売:株式会社六耀社/2022年7月下旬
価格:16,500円(税込み)/ISBN 978-4-8151-0016-2

※東京ミッドタウン・デザインハブでは、常時換気や施設内の設備消毒をしております。ご来場の際は、マスクの着用、入退場時の手指消毒、展示品に触れない、適切な対人距離の確保などの対策にご協力をお願いします。